スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来る人を増やす

前回は「住む人」について書きましたが、
今回は「来る人」についてです。
何人かの方もコメントに書いてくれていましたが、
ビジネスや観光など「来る人」の数も
街の活力に大きな影響がありますよね。
「呼び込む力」とも言えると思います。

ある尊敬する先輩が言っていましたが、
「人と情報とお金は寂しがりなので、集まるところにドンドン集まる」
という傾向は正しいのではないでしょうか。

さて、大阪市の昼間流入人口は約111万人。昼間流出人口は24万人。
差引87万人が増えています。

名古屋市の昼間流入人口は約49万人。昼間流出人口は19万人。
差引30万人が増えています。

京都市の昼間流入人口は約24万人。昼間流出人口は11万人。
差引13万人が増えています。

神戸市はというと、昼間流入人口は約21万人。昼間流出人口は17万人。
差引4万人しか増えていません。
(データはすべて大阪市のホームページより)

「住む人を増やす」ためには少し時間がかかります。
子育てしやすい街、教育環境が優れている街、安心・安全な街、
そして暮らしやすい街としての機能を充実させていきながら
まずは「来る人を増やす」ために、「遊びに来る、学びに来る、働きに来る」の
「遊学働」の施策強化をすべきだと私は思います。


関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。