スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行政改革(政策)官プラス民

官か?民か? よくこうした議論を聞きますが、
「どちらが優れているか?」という議論はそもそも無意味です。

サービスの質、費用を精査し、民間に任せられる事業は民間委託を推進し、
行政がやるべき事は収支に関係なく行政が行います。行政として確実で安定し、
かつ質の高いサービスを提供するために「官プラス民」という体制で臨みます。

私は広島家県庁で特別職の広報総括監として2年間働きました。
民間の力を借りると言ってもプロポーザルで受発注の関係になるのと、
自治体の中に入って机を並べて仕事を動かすのとでは、情報量や目的の共有感が
かなり違います。

議会にも出席し、議員からの質問に答弁する経験すると、抑えるべきポイントや
様々な問題点も見えてくると思うのです。
私は自分で「広島県庁における外国人助っ人」という言い方をしていましたが、
期間限定ではありますが、同じユニフォームを着て、優勝を目指し、チームメートになるからこそ、
信頼関係も構築できると思います。

市役所の中に入り、今足りない部分を補い、市職員に刺激を与えてくれるような
人材を探し、登用したいと考えています。

関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

今度こそ、

 神戸を変える⇒樫野さん!!で神戸は変わる。
 従来の縦割り行政から脱却して、行政改革に向けたチーム
づくりの構想を、今ある神戸市の職員の方々に提案して、賛同を
得れる機会があれば、良いですね~!!
プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。