スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(政策)公会計の見える化

東京都や大阪府等のように、より企業会計や国際公会計基準に準拠した形で
公会計を市民にわかりやすく整備し、本当の財務状態を見える化します。

何度か市役所に質問しました。目的別歳出(市民費や環境費、商工費、土木費など)と
性質別歳出(人件費や扶助費や公債費など)をクロス集計したものを
知りたいと。

六甲ライナーとポートライナーの損益は合算されたままで、
個々のPLを知りたいと言っても、その数字が出てきません。

これは計器が無い状態で運転しているのと同じです。
東京や大阪が独自にシステムを入れたときは高額だったと聞いていますが
現在はその汎用タイプも安く出ていると聞いています。
まずは都市経営の基本となる会計の見える化を導入するべきだと考えています。


関連記事
スポンサーサイト

theme : 中国問題
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

「公会計の見える化」に同感です。

  神戸市の一般会計の実質収支が、14年連続黒字だそうです。
 会計手法の違いで、黒字に見えている?ことはないでしょうが、
 「特別会計」「企業会計」も、実態はどうなっているのか?樫野
 さんのご提言どおり、「公会計の見える化」は必要であります。
プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。