スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次世代市長ネットワーク 佐賀県武雄市 樋渡市長編

「国とのパイプなんかアテにしてはダメですよ。どこの地方も財政が厳しいから
一斉に国に頼られても困るんです。
国も何とか地方が手を離れて欲しいと思っているんですから。
しがみつく親の財政がもっと厳しいんですよ」

樋渡市長はこう語り、
「だからこそ地方自治体が自分の足で立って財政を切り盛りし、
街を経営する力が必要なんです」

本当に厳しい時が来る前に、ひとつでも多くの地方自治体が
健全化するには、もうギリギリだと言う。

地方分権の流れは変わらないと思いますし、
それが地方のためなのか、国の「地方切り捨て」なのか
行く末はわからないが、少なくとも地方は備えをし、
自分の街を守らなければならないのは変わりない。

いつまでも親のスネをアテにするような体質は
変えた方がいいですね。

樋渡さん、来神ありがとうございました。
みんな、気持ちがスッキリしたと思います。




関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。