スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流動性のジレンマ

ダイヤモンド経営者クラブの集まりがあり、
外交ジャーナリスト・作家の手嶋先生の講演を聴いてきました。

未曾有の世界不況において、アメリカも「ドルの流動性のジレンマ」に
陥っているとのこと。

流通量を増やせば、ドルの価値が下がり、基軸通貨としての威信が
無くなっていく。

かといって、流通量を減らせば危機に対して資金手当てを出来ない。

行くも地獄、戻るも地獄だそうです。

但し、オバマ大統領のリーダーシップは想像を絶するらしく、
地球規模のリーダーシップを発揮して、
ひょっとすると何とかするんじゃないか、という期待を
持たせてもらったお話でした。


今朝、IMJグループの社長会で、話したのですが、
危機の時のトップの判断次第で、
会社は成長もするし、倒産もすると思います。

そういう意味では、すべての経営者が
腕の見せ所であり、次の一手をどう打つかを
英知を集めて切り開いていかないといけないですね。

非常に参考になり、かつひとつのヒントをいただきました。
(それは言えませんが:笑)

外に出ると本当に勉強になることが多いですね。



関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

本物志向

金融危機が起って、世界が混沌に包まれているにあたり、新たな時代を迎えるにあたっての再構築の時なのかなと個人的には考えています。

商品も企業もリーダーもその目的に相応しいものではないとそれを選んだ人々は淘汰されます。それだけ優れた目を持たなければ生き残れない時代が到来したという事です。

貨幣の供給量に関してはインフレを抑制しながらFRBが各国政府の中央銀行と協調しながらコントロールすると思います。問題の本質は信用不安、ここを如何に迅速に是正するかが大切な事なのではないでしょうか。

私もいち早くダイヤモンド経営者倶楽部に参加したいと思っています。私が目標とし、乗り越えようとしている人がそこにいるからです。そこに参加できる資格を得た時にこの話の明るい続きができればと思っております。
プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。