スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KRP総研、設立宣言!

KRP総合研究所は、地方政治における政策シンクタンクとして生まれました。

我が国の地方政治は、二元代表制によって運営されています。

自治体の長である首長と、地方議会の議員をそれぞれ直接選挙で選び、首長と地方議会が、意見を出し合い、議論し、
予算や条例を作り上げてゆきます。この関係が活性化され、よりよい政策が実施されてゆくことが、地方の活性化、
そして住民生活の向上につながります。

ところが、現実の地方政治においては、どうでしょうか。首長から出される条例案のほぼ全てを可決し、
逆に地方議会側から提案される条例案はほとんどないという現実があるようです。地方議会は予定調和のように
進められ、首長が提案する事柄を追認する機関であるとすら言えるかもしれません。

その原因はいろいろ考えられますが、政策立案を行うウェイトが、首長ひいては役所に偏りすぎていることも
挙げられるでしょう。

我らが神戸市においては、このような首長と地方議会の関係にならないようにしたい,私たちの願いはそこにあります。

言うまでもなく、市会議員は私たちの選挙によって選ばれており、私たちの生活をよく知る存在です。
そうした市会議員にしっかり市議会での議論を活性化してもらわないことには、神戸市の発展や住民生活の向上は
もとより望むことができません。

そこで私たちは、神戸市,さらには兵庫県に存在するさまざまな問題を適切にキャッチし、
それに関する政策を提案できる集団になりたいと考えています。その際、民間という立場から、
行政内部における利害から独立し、真に住民の目線に立った政策を立案してゆきます。

ときには市会議員や県会議員をサポートし、ときには政党をバックアップし、さらには広く市民全体に向けて政策提言を行います。こうして神戸市で実施される政策がモデルケースとして、日本全国の地方自治体にも反映され、神戸市が日本中いや世界中から地方政治のお手本として注目される日が来ることを願っています。そして、私たちの活動が、地方政治の政策シンクタンクの我が国におけるモデルになるよう、成長してゆきたいと考えています。

※ KRP総合研究所は、神戸リメイクプロジェクト(KRP)のうち政策集団として新たに生まれ出たことからKRPの名を引き継ぐとともに、Knowledge(知識)、Research(調査)、Promotion(促進)を構成要素として活動することをその名にこめています。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。