スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸志民党の修正主義

理念や価値観や目指すべき街の姿は、短期で変えるべきじゃないと思いますが、
臨機応変に変えていくべきこともあります。

それは課題設定、戦略、戦術、解決策、方法論などです。
これはその時々の4C(社会環境、消費者、競合、自資源)の変化により、
柔軟に対応していかなければ、全てが有効に機能していきません。

これを変える勇気と決断力を持たねばならないと思います。
また、この考えを皆さんと共有しておかないと
「ぶれる」とか「朝令暮改」とか言われるからです。

ぶれてはいけないのは価値観や理念、そして方向性であり、
目的までの「山の登り方」は季節や天候など諸条件で変えなければ
最後まで登れません。

神戸志民党は勇気を持った修正主義でいきたいと思っています。
市民の皆さんに指摘され、気づいたことは素直に修正する。
新しい事態が起これば、臨機応変に対応する。
毎日改善を積み重ね、正解の無い中で新しい納得解を探していく。
そして、それを政党の成長の糧とする。
それが私たちの修正主義です。

2月22日の発足会でも参加者の方から市民の意見の集約の仕方や
党の議決の方法論について、出来るだけ皆が参加できて、
かつプロセスが見えるものにしてほしいという要望がありました。

なるほど。その通り。
この意見を受けて、完成しかけていた党則を現在修正中です。
こうした機動性もずっと保っていきたい部分です。

ただ一方で世の中には悪意を持って近づいてくる人がいるのも事実。
身元が明らかであり、街のこと、そして党の発展を考えて
意見してくれているかどうかは見分けなければいけません。

あまりモデルケースが無い中での作業、
本当に開かれた政党を目指して試行錯誤を繰り返していきますので
温かく見守ってください。


関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。