スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自殺予防対策について

3月は一年のうちでも一番自殺が多い月となっています。
どの自治体も自殺予防対策の強化月間として
取り組んでいると思いますが、その方法論が非常に良くないと思うのです。

まず、予算が国から自治体に分けて降ろされてくるので
啓発キャンペーンのポスターなどを
各県や市がそれぞれバラバラに制作しています。
当然、統一感はなく、コスト高になってしまいます。

注目度を集めるためにタレントを活用しようにも
ギャラが高くてキャスティング出来ません。
知名度の低いタレントになるか、ご当地ゆるキャラで
お茶を濁すパターンも見受けられます。

媒体も自治体ごとに買うので割高です。

こうした全国一斉の強化月間は
国が統括して予算を使うものと、
地方がローカルで使うものをうまく分けないといけません。

例えば、クリエイティブと全国媒体は国が一括して発注する。

地方の電車中吊りや駅貼りポスター、サイネージなどアウトドアメディアは
地方の特性に合わせて発注する。
相談会などリアルな場の設定は地方が管轄。

一方で、相談電話などが地方ごとに個別の電話番号になっていると
電話受付時間が9時~17時で、なかなかかけることが出来なかったり、
ある地域ではカウンセラーが余っているが、ある地域では一杯で
繋がらないなど、接続率も非常に低い状態だと聞いています。

まずは電話回線の十分な確保と、カウンセラーの手配、
それを効率的に運用するために、
全国のカウンセラーネットワークを構築し、
空いている人に電話をつなぐぎ、呼損率を下げるシステム導入などを
するべきだと思います。

また、手間とコストの問題から
メール窓口を用意していないところがほとんどだと思いますが、
ネットのFAQシステムなども併用しながら
少しでもアクセスしようとしてくれる人と
糸をつむいでいくように出来ないものでしょうか。

私たち自身も近くにいる人で
最近元気が無い人や、落ち込みがちな人がいたら
いつもより少し余分に声をかけてあげるようにしましょう。

その一言で救われることが、結構あると思うのです。
気づきと優しさ、気を付けたいですね。


関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。