スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フロリダの3つのT

Technology(技術)、Talent(才能)、Tolerance(寛容)。

この3つのT、特に寛容である都市が、
いろんな人を引き付けて、そこから創造性が出てくるという
街づくりの重要コンセプトである。

アメリカで活発に議論されている内容だそうだが、
これは経営にも当てはまりますね。

和田中学の「よのなか課」を生み出した藤原和博さんが
「高度成長期は決められたゴールに向かって
いかに早く処理をするかを求められた。
いわばルービックキューブ型人材が重宝されたわけだが、
この混迷の世の中はゴールが見えなかったり、
ゴールの形が様々だったりするので、
いわゆるレゴブロック型(自ら最終型をデザインする力)の
人材が必要とされるだろう」と言ってたことを思い出した。

きっと、そうしたレゴブロック型の人材が
生息し、棲みやすい組織って、
3つのTを内包している組織なんだろうな、と思う。

今日、IMJの役員会後に、CCC増田社長にも
親子の間の「寛容性」についていろいろ教えてもらったのだが、
まさしくこういう話なんですよね。

しかし、失敗しそうなことに「目をつぶる」勇気って
なかなか難しいです(笑)





関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。